事業報告書_日本語
7/148

5 「東アジア文化都市2015新潟市」事業が、昨年の横浜市に続き大きな成功を収め終了しましたことを心よりお慶び申し上げます。 東アジア文化都市は、日中韓文化大臣会合での合意に基づき2014年から新たに開始された日中韓3か国の共同事業です。新潟市は、中国・青島市、韓国・清州市とともに、東アジア文化都市として1年間にわたり、水と土、食、伝統芸能等の多種多様な文化を生かして、舞台芸術の公演、展覧会、青少年交流事業等、多くの文化芸術イベントを開催してきました。これらを通じ、3か国の芸術家、市民など様々な人々の間で活発な交流が行われ、日中韓における相互理解の一層の進展に大きな成果を残しました。本事業に対する関係者の皆様の長期間にわたる御尽力に敬意を表します。 2015年12月に青島市で開催した「第7回日中韓文化大臣会合」において、日中韓3か国は、東アジア文化都市が日中韓の文化交流推進の重要なプラットフォームであることを確認するとともに、奈良市、寧波市、済州特別自治道を2016年の東アジア文化都市として選定いたしました。本年の成果が、環日本海のゲートウェイにある「文化創造都市にいがた」が東アジアの文化交流拠点としてより発展していくとともに、後に続く東アジア文化都市へと継承され、各都市がより一層発展していくことを祈念いたします。 文化庁長官 青柳 正規文化庁長官挨拶

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です