事業報告書_日本語
65/148

6363開催概要オープニング期間国際大会・フェスティバル水と土の芸術祭2015こどもの交流3都市相互の文化交流新潟市独自の文化を生かした交流その他の文化芸術イベントその他の文化交流クロージング関連事業フレンドシップ事業広報活動外国人誘客促進資料編みなとぴあプロジェクションマッピング開催日2015/4/29(水・祝)~5/10(日)会場新潟市歴史博物館みなとぴあ ほか来場者数133,500人出演者【プロジェクションマッピング×Noism2コラボ公演】Noism2【日中韓アーティストステージ】日本・Yucca(ユッカ)韓国・ NU’EST(ニューイースト)中国・ 中国芸術ショー主催新潟市共催「東アジア文化都市2015新潟市」実行委員会 今年で2回目となる「みなと新潟春フェスタ2015~光の響演~」。みなとぴあプロジェクションマッピングは、東アジア文化都市をテーマに実施。今年は新たにレーザー照明を導入し、光と映像の融合により幻想的な空間を演出しました。また、Noism2とのコラボレーションでは、東アジア文化都市交流事業の一環でNoismに合流中の韓国舞踊家イム・ウビンの来日後初出演となりました。このほか、アーティストステージでは日中韓のアーティストが会場を盛り上げたほか、会場周辺の萬代橋やみなと・さがんなどの水辺空間をイルミネーションや光のオブジェなどで空間演出し、多くの方を魅了しました。また、県民会館プロジェクションマッピングでは、ラ・フォル・ジュルネ新潟2015のテーマ「パシオン~恋する作曲家たち~」を映像アートで表現しました。みなと新潟春フェスタ2015~光の響演~イNoism2コラボ公演光で演出したファンタジーゾーン県民会館プロジェクションマッピング

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です