事業報告書_日本語
6/148

4 2015年の1年間、本市は東アジア文化都市の日本代表都市として、中国・青チンタオ島市、韓国・清チョンジュ州市と手を取り合い、積極的かつ集中的に文化交流を行ってきました。相互派遣したアーティストらの数が400人を上回る大変密度の濃い交流により、それぞれの市民が隣国の文化への関心を高め、共通点と独自の魅力を知り合うことができ、3か国・3都市の相互理解の深化に大きく寄与したものと思います。 事業実施にあたっては、文化庁から多大なご支援をいただいたほか、本市に置かれている中国、韓国の総領事館からも全面的にご協力いただき、大きな成果を収めることができました。この場をお借りして御礼申し上げます。 本市で開催した文化イベントには、主要25事業で123万人もの来場者を集め、たいへんな盛り上がりとなり、多くの市民が中国、韓国の文化を楽しみながら、新潟市の文化の魅力を見つめ直す機会ともなりました。また、市民企画によるフレンドシップ事業は150事業を数え、本市から青島市、清州市に派遣する団は「オール新潟市」で構成するなど、本市の「市民力」が大いに発揮された1年となりました。 この経験を基盤とし、青島市、清州市との交流を重ねながら、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた文化プログラムなど文化創造の取り組みをいっそう推し進め、文化を基軸とした東アジアの交流拠点を目指します。 新潟市長 篠田 昭新潟市長挨拶

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です