事業報告書_日本語
35/148

水と土の芸術祭2015「東アジア文化都市2015新潟市」のメイン事業として、「水と土」をテーマに3回目となる芸術祭を開催しました。「潟」をメインフィールドに、市民プロジェクト、こどもプロジェクト、アートプロジェクト、シンポジウム、食・おもてなしの5つのプロジェクトを展開しました。 水と土の芸術祭は、“私たちはどこから来て、どこへ行くのか~”を基本理念とし、2009年、2012年そして2015年と3回目の開催となりました。 新潟市は、日本を代表する二大河川である信濃川と阿賀野川の河口を有する古くからの港町。かつては川の氾濫などにより広大な低湿地帯でしたが、先人たちの努力で乾田化に成功。やがて日本一の米どころとなった、まさに「水と土」が出会い、共存してきた地域です。 この芸術祭は、水と土により形成された独自の風土や文化に光をあて、人間と自然との関わりかたを見つめ直し、未来を展望していくヒントとなるものを探る芸術祭。また、アートを媒介にし、先人たちが築きあげてきた水と土の文化などを国内外に発信します。さらに次代を担う子どもたちにそれらを伝えていくために開催するものです。王文志(ワン・ウェンヂー)「新潟の夢 -Dream of Niigata-」 撮影:中村 脩 開催日2015/7/18(土)~10/12(月・祝)会場4つの潟(鳥屋野潟、福島潟、佐潟、上堰潟)及び市内各所来場者数775,268人主催水と土の芸術祭2015実行委員会共催「東アジア文化都市2015新潟市」実行委員会イ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です