イベントレポートを探す

イベントレポート

  • 音楽・舞台・芸能
  • アート・マンガアニメ
  • 歴史・伝統
  • 国際
  • 光
  • 食・花・農
  • 地域・祭り
  • 自然・水辺

主要イベント

水と土の芸術祭2015

水と土の芸術祭2015ロゴ

水と土の芸術祭2015ロゴ

3回目となる今回は、新潟市のアイデンティティである水と土の象徴「潟」に焦点を当て、メインフィールドとしました。アートを始めとした様々なプロジェクトを通じ、潟に出向き、親しみ、潟そのものを体感することで、先人からつながる生命の連鎖に思いを馳せる取り組みとしました。さらには「東アジア文化都市2015新潟市」コア期間におけるメイン事業として、日本、中国、韓国など東アジア地域内の文化交流を積極的に図りました。世界のどこにもない新潟独自の歴史と文化、自然の魅力をアーティストや地域住民など多様な担い手たちが協働で引き出すことに挑んだ今回の芸術祭には、87日間で延べ775,266人の来場がありました。入場料を無料にしたこともあり、大変多くの方に楽しんでいただくことができました。

  • ベースキャンプ(旧二葉中学校) 撮影:中村 脩

  • 水と土の芸術祭2015オープニングセレモニー 撮影:中村 脩

  • 水と土の芸術祭2015オーケストラNIIGATA! 撮影:中村 脩

  • 水と土の芸術祭2015クロージングセレモニー 撮影:中村 脩

開催情報

開催日程(2015年) 7月18日~10月12日
主催者名 水と土の芸術祭2015実行委員会 共催:「東アジア文化都市2015新潟市」実行委員会
開催場所 新潟市内全域
お問い合わせ先

水と土の芸術祭2015実行委員会事務局 (新潟市水と土の文化推進課内)
電話番号:025-226-2624

チラシ
事業報告書
サイトURL 水と土の芸術祭2015公式サイト
事業の紹介

サブテーマ:私たちはどこから来て、どこへ行くのか~新潟の水と土から、過去と現在(いま)を見つめ、未来を考える~

「水と土」をテーマに、各地域の歴史や暮らし文化、伝統芸能等を市民と協働で掘り起し、磨き上げ、現代アートを活用して広く発信するため、水と土の芸術祭2015を開催します。 【アートプロジェクト】、【市民プロジェクト】、【こどもプロジェクト】、【シンポジウム】、【食・おもてなし】の5つのプロジェクトを展開していきます。開幕式典のほか、新潟市東アジア文化都市推進アドバイザー太下義之氏や、各都市の代表者らによるシンポジウムを実施し、東アジア文化都市に込められた意義や取り組み内容などを紹介します。

イベントレポート一覧へ戻る

イベント一覧はこちら