イベントを探す

ニュース

2015/08/21

【NIDF2015情報③】中国城市当代舞踊団公演

城市当代舞踊団 City Contemporary Dance Company (CCDC) 『As If To Nothing』 Photo: Conrado Dy-Liacco

中国・香港

城市当代舞踊団(CCDC)

 

『As If To Nothing』

 

8月28日[金] 19:00開演

*終演後アフタートークあり サン・ジジア×金森穣

 

デジャヴュの迷路へと迷い込み、自らの記憶に足を取られる。その繊細な瞬間瞬間に、記憶は近く遠くをさまよい、時間の波間にゆっくりと呑み込まれていく。散在する名前、ゆがんだ顔、さまよう時間、変幻する光景、聞き慣れた筋書き。記憶と忘却の境界でもがき苦しむ。残されたものは空虚。この狂った世界の、何が真で、何が偽なのか。

国際的にも評価の高い振付家サン・ジジアの振付による『As If To Nothing』は、観客を興奮の渦に巻き込むインタラクティブなマルチメディアパフォーマンス。ディクソン・ディーの電子音楽、エイドリアン・ユンの映像を配し、香港随一のコンテンポラリーダンスカンパニーCCDCのフィジカルかつエモーショナルなパフォーマンスにより、とてもパワフルな作品となっている。

 

城市当代舞踊団  創設者であり現芸術監督であるウィリー・ツァオのディレクションのもと、城市当代舞踊団(CCDC)は35年の長きにわたり、数多くの優れた現代舞踊作品の上演により香港の観客を刺激し感動させ続けている。1979年の創設以来、他分野のアーティストとの画期的なコラボレーションや海外からもアーティストを招聘しながら、200本以上のオリジナル作品を制作。活気に溢れ多様な顔を持つ香港文化の力強さと創造性を背景に持つCCDCの活動は、「香港の現代芸術の魂」と評されている。

 

城市当代舞踊団創立者・芸術監督

ウィリー・ツァオ  Willy Tsao

1979年に城市当代舞踊団(CCDC)を設立し、89年に芸術監督に就任。同時に、中国の三大ダンスカンパニーであるCCDC、広東モダンダンスカンパニー、そして北京雷動天下現代舞団をも率いている。中国でもっとも多作な振付家であり、哲学や歴史、京劇からチャイニーズロックにいたるまで、中国文化全般から広くインスピレーションを得て制作されるその作品は、国内外で上演され、コンテンポラリーダンスの発展に計り知れない貢献をしている。

 

TICKETS

全席指定

 

2公演セット券 8,000円 *CCDC & Noism0

 

単券

CCDC [中国 香港] 一般4,000円 学生3,200円

Noism0 [日本 新潟] 一般5,000円 学生4,000円

 

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル Tel: 025-224-5521(11:00-19:00、休館日を除く)

オンライン・チケット

e+ イープラス(PC・MB)

 

  • Willy Tsao Photo: Ringo Chan

ニュース一覧へ戻る