イベントを探す


東アジア文化都市

「わたしは未来」

日中韓の心をつなぐ歌「わたしは未来」

「わたしは未来」は、佐渡市出身の東京藝術大学宮田亮平学長が共通の歌詞を3か国の言葉に訳した歌の創作を提案、同大松下功副学長が作曲、作家の夢枕獏さんが作詞を手がけて実現した歌で、2013年に新潟市などで開催された第9回日中韓文化交流フォーラムではじめて披露されたものです。

歌詞には、自分たちの未来に期待を持ち、国境を超えて夢を叶えてほしいという願いが込められています。
東アジア文化都市2015新潟市のイベントで取り上げるほか、様々な場面で子どもたちに歌われ、この歌を通じて、日中韓のさらなる交流と新たな絆が築かれることを期待します。

第9回日中韓文化交流フォーラム概要報告(国際交流基金ホームページ内)

新潟市ジュニア合唱団による曲の披露(みなと新潟春フェスタ2015「光の響演」ステージ)

新潟市ジュニア合唱団による曲の披露(みなと新潟春フェスタ2015〜光の響演〜ステージ)

「わたしは未来」

作曲 松下 功/作詞 夢枕 獏/中国語訳 王 明君/韓国語訳 洪 承希
歌 新潟市ジュニア合唱団/指揮 海野 美栄/伴奏 斎藤 愛子

音源を収録したCDは市立図書館(AV取扱館12館)で視聴・貸出を行っています。所蔵館・貸出状況は図書館ホームページでご確認ください。 図書館ホームページ