イベントを探す

東アジア文化都市

選定経過とビジョン

文化創造都市 新潟市

新潟市には、世界に誇る食文化や地域に根づいた伝統芸能など、豊かな水と土の暮らし文化が息づいています。
また、みなとまちとしての盛んな交流により、おもてなし文化を育み、さまざまな外来の文化を取り入れて、市民一人ひとりが日々、多彩な文化を楽しんでいます。

この「市民力」を生かして、文化芸術の創造性をまちの活力につなげる「文化創造都市 新潟市」の取り組みは全国的にも高い評価を受け、2015年、新潟市は、横浜市に続いて国内2番目の東アジア文化都市に選定されました。

新潟市が2015年「東アジア文化都市」に選定

新潟市が2015年「東アジア文化都市」に選定

新潟市が2015年「東アジア文化都市」に選定

新潟市が2015年「東アジア文化都市」に選定

東アジアの文化交流拠点へ

ともに東アジア文化都市に選定された中国・青島市、韓国・清州市と深く連携し、文化を切り口に交流を進めるとともに、中国・韓国の文化芸術の要素を取り入れながら多様なイベントを展開します。
この特別な一年、東アジアの共通性と多様性への理解を深め、東アジアの平和・共生の実現に力を尽くすとともに、「市民力」のウェーブをさらに大きくしながら、新潟市の誇る暮らし文化の魅力に磨きをかけて広く発信し、文化の力で交流人口の拡大を図ります。

東アジア文化都市2015新潟市の取り組み

新潟市が東アジア文化都市として集中的に事業を実施するのは2015年の1年間のみですが、上図にあるとおり、東アジア文化都市の取り組みの成果によって文化創造都市の推進にさらに弾みをつけていきます。
翌年以降、東京五輪の文化プログラムなど機会をとらえて取り組みを継続・強化し、国際ブランドの確立や交流人口の拡大など、文化の力を着実にまちの基盤強化につなげて飛躍を遂げることで、文化を基軸に発展し世界に開かれた東アジアの交流拠点の形成を図ります。